昨年の6月下旬の朝、僕は高校時代からの親友であり山仲間である田口と、夜明け前に山小屋を出て、ヘッドライトの灯りで照らされた足元を確認しながら、濃紺の山の稜線りょうせんを黙々と歩いていた。
後ろを歩く田口と自分自身のふッふッと息を吐く音以外は、何も聞こえない静かな朝だった。
田口とは、普段もあまり多くの言葉を必要としなかった。
言葉を交わさなくても丸くあたたかな空気が二人の間にあって、沈黙を恐れる必要はない。そんな友だったのだ。 efectos secundarios de la cialis

♠————————————————————————- viagra vs levitra reviews

そろそろ鳥の声が下から湧き上がるように聴こえてくる夜明け間際のことだった。
後ろで聞こえていた呼吸の音が一瞬途切れ、ザッという音が耳を打ち、反射的に後ろを振り返った。
田口の姿がないと思う間もなく、ザザザザザッと下方へと続く音の方へ目がいく。
田口は、荒れたガレ場の、さらに先の雪渓を滑り落ち、雪渓の縁に露出した大きな黒い岩にぶつかって止まった。
よく映画なんかでこういうシーンってスローモーションだったりするのだけれど、僕の目にも、本当にゆっくりとした動きに見えた。
そして、ゆっくりに見えるのに、僕はその場でただ固まっていた。田口の身体が止まってからも、しばらく動けなかった。声さえ出なかった。
昇ってきた太陽の光が、雲の間から一瞬僕の目を射た。
黒ずんだ雪渓の表面に一筋の真っ白な線が眩しく輝いて、その先に奇妙なくらい唐突に露出した岩は死出の門のようだった。 buy sildenafil actavis 50mg

♠———————————————————————— cialis 5mg reaction time

灼熱の8月、盆に帰省した僕は、駅で田口の母親にばったり会った。救助隊とともに田口の遺体を山から下ろし、田口の両親の前に身を投げ出すように土下座した僕の肩をそっと抱きしめてくれた人だった。
「康太くん。帰省?」
「はい・・・あの、おばさん、明日、その・・・お参りに伺ってもいいですか?」
一瞬、間があいて、妙に明るい声で訊かれた。
「ね、康太くんに教えてほしいことがあるのよ。そこの喫茶店に寄る時間ある?」
「ええ。大丈夫ですが・・・」
田口の初盆だが、お参りに行くのは遠慮したほうが良いのだろうか。でも・・・
はぐらかされた返事をどう受け取ったら良いのか、逡巡しゅんじゅんしながら、冷房の効いた水槽のような喫茶店に入った。 vega 100 sildenafil citrate tablets

♠————————————————————————- cialis erfahrungsberichte

カラン・・・とストローでアイスコーヒーの氷を一回しして、田口の母親は言った。
「あのね、花の名前を教えてほしいのよ。」
「花?」
「そう、これ。」
スマホの画面をこちらに向けて、僕女はじっと僕の顔をみつめた。
「失礼します。」
スマホを受け取って、画面を見た途端、僕は固まってしまった。
傷だらけの血がにじむ手が画面いっぱいに映しだされていた。田口の手だと思った。あの時の。
あの時、手をじっくり見て覚えていたわけではない。というか、あの光る死出の道の先に横たわる田口の姿以外は、ぼんやりとした夢のように、よく覚えていない。
その半開きの指の間は深い緑に染まっていた。そして、白くやわらかそうな産毛に覆われた兎の耳のような数枚の包葉と、その付け根に淡い黄色の小さな花とも見えないくらい地味な花が付いた植物が挟まれていた。一番白い葉の縁にも赤い血が付いている。手の傷に滲む血は暗い褐色に近い赤なのに、その血は妙に鮮やかな赤だった。
「これは・・・ウスユキソウだと・・・思います。」
戸惑いながら答え、画面から目を離して、田口の母親の顔を見て、はっとした。
口元には微小を刻みながら、その目は、厳しい光を宿してじっと僕を見つめている。僕の奥深くを探るような目。
あの日、土下座した僕を僕の肩をそっと抱きしめてくれた人。
だが、いま、その人の目の中に僕は、あの黒々とした死出の門のような岩を見た。 where to get viagra in houston

翌日、僕は田口の家の前まで行きながら、結局彼の家の門を潜ることはできなかった。 preise levitra 20mg

♠————————————————————————- cialis cost walgreens

そして、その日から僕は繰り返し死への道を歩む夢を見るようになった。
白く輝く道が一筋続いている。遠くにその白い道の輝きを反射して光る黒曜石の門があり、その門をめざして歩き続ける。
怖くはない。黙々とこころを空にして、ただひたすら門を潜ることを望んで歩き続けるのだが、門はなかなか近づいてこない。
やがてなかなか近づいてこないことへの焦燥感と、それでもいつかはあの門を潜ることができるのだという恍惚感とが湧き上がり、だんだん小走りになり、朝、目が覚めた時は体中がこわばって深い疲労を感じた。
そうして、現実の僕は、夢のなかでは行き着くことのできない死出の門へと、ゆっくりと近づいているようだった。 generic vardenafil

「手 第2章」へ続く>> cialis max dose per day

recreational use of viagra on the increase
generique du viagra pfizer