くちなし

朝からの梅雨の初めの雨が止み、湿気を含んだ青い薄闇がビルの谷間に溜まり始めた夕刻の街。
ふっと微かに甘い香りが、客先から帰る私の足を止めさせた。
隣のビルにもたれかかるように建っている、木の格子窓が今どき珍しい木造の小さな町家の軒先のわずかな植え込みに、白い花が一輪咲きかけていた。
くるくると紙を巻いて、わずかに緩めて開いたような白い花は、可憐な見た目よりも濃厚な重い香りで存在を主張していた。何という花だったか・・・ onde posso comprar viagra em portugal

昔付き合っていた女に教えられたことがあったような気もするが、とっくに別れて花の名前も忘れた。何人かと付き合ったのちに、お互いに都合が良かったというような風で結婚した妻は、私が営む小さなコンサル会社の経理や企画書の清書といったような仕事を担当し、家庭でも栄養価をきちんと計算した食事を作ったり、生活感がまるで感じられないくらい隅々まで整理整頓したりといった、およそ実用的なことには長けていたが、花を飾るような情緒的な面はまったく持たぬ女であった。
私自身も情緒的な面を持ち合わせぬし、女だからといって情緒的な面を持たねばならぬとは思わないので、似合いの夫婦なんだろう。

そんな私が花の香りになぜ足を止めたのか・・・ nitric oxide supplements and viagra

ぼんやりと一輪の花を眺めて立っていると、ぽっと玄関先の灯りが灯った。
これも今どき見かけないような引き戸の細かく縦に仕切られた木枠に嵌められた梨地の型ガラスの奥に、人の動く気配を感じて、慌てて歩き出す。
ちょっと行ったところで振り向くと、丸い灯りの下、白いワンピースを着た女が、目鼻立ちははっきりとはしないが妙に白く浮き出たような顔をこちらに向けて立っていた。 meglio il viagra o cialis

翌日、昨日訪問した客先を今度は昼間に訪れる途中、あの白い花の咲く木造家屋の前を通りかかった。
昼間に見ると、白い花の丈の低い木には、グリーンのつぼみがいくつも螺旋を描いていた。ビルの谷間を縫って、スポットライトのように直射日光が細く輝く部分に、昨夜の一輪の花が眩しく輝いていた。夜ほどには香りは強くないように感じた。 viagra blue big love

さらに5日後の宵時、また、あの白い花の咲く家の前を通りかかった。
最寄り駅は同じだが、少し離れた別の客先を訪ねた帰りに、わざわざ回り道をしたのだった。
最初の青い宵闇の中で嗅いだ濃い花の香りが忘れられなかった。
碧い螺旋を描いていたつぼみも一斉に花開き、あの夕べの清楚なイメージとは異なり、宵闇の中でも華やかに咲き誇っていた。辺りは噎せ返るような濃い香りで満たされていた。 can you take levitra and viagra together

存分に甘い香りを吸い込んで、ふっと視線を感じて横を向くと、引き戸から女が出てくるところだった。
あの夜と同じような白いストンと細いワンピースを着ているが、胸や腰の辺りは肉感的な身体の線を拾ってはりつめている。
最初の宵時には浮き出るように白く見えた肌は、今、近くで見ると、客先で自慢された中国の古い磁器のようなあたたかみのある白さだった。ワンピースから覗く手足も同じような白さなので、もともと色白なのだろう。
二重の大きな目の端とぷっくりとふくらんだ小さな唇にかすかな笑みを刻んでいるが、それは冷笑とも採れるような奇妙に冷たい笑みだった。

不審者と思われたのか。
ついドギマギとした気持ちに襲われて、マヌケな質問をしてしまっていた。
「こ、この花、なんて名前ですか。」
女は冷たい笑みをほぐすように、くすりと笑うと、
「くちなしよ。花が終わるとつぼみと同じような細長いカタチの赤い実がなるの。」
「そうですか。良い香りですね。実は食べられるんですか。」
「そのまま食べれやしないけど、栗きんとんなんかの黄色の色付けに使えるのよ。」
女も心なしか上ずったような声で答えた。 generic vardenafil

一瞬、二人の間に、わずかな沈黙の間ができた。 levitra side effects mayo clinic

その沈黙を吹き消すように、女が語りかけてくる。
「あなた、少し前の夕方にもこのくちなしを見てたでしょう?
私、暗いところでも目が利くのよ。あの晩の人だってすぐわかったわ。」
心なしか、先ほどよりも語尾に甘い響きが宿っている。
急速に宵の闇は濃くなり、女の白さがますます際立っている。
「ね、この花の香りが好きなんでしょう。裏庭にはもっと大きなくちなしの木があるの。八重の大きな花で、香りもずっと良いのよ。よかったら見ていってよ。」
見ていってよという言葉の語尾には、明らかに媚る調子が混じっていた。
「でも・・・」
「いいのよ。ひとりで住んでるから気兼ねする人もいないし。」
こんな風に誘う女がまともとは思えない。
頭の奥で警告する声が聞こえる。
だが、くるりと私の腕に巻き付いた女の腕を、なぜか引き剥がすことができず、黙って女と家に入った。
背後であの宵と同じ、カラリと乾いた引き戸の音がした。 sandia propiedades viagra

女の家はどこもかしこもくちなしの香りで満たされていた。
玄関のたたきの先にある襖を開けると、八畳ほどの畳の部屋の向こう、開け放されたガラス戸の先に、確かに大きなくちなしの木があった。
闇の中でも十分に華やかに花開いているのが分かる大きな花が、びっしりと咲いている。

「来て。もっと近くで見ましょう。」
囁くような声で女が誘う。その声にも、やわらかく私を拘束する腕にも、くちなしの香りが染み込んでいるように感じる。靴を脱いで上がり込み、ガラス戸の前まで進み、女に手を引かれて座り込み、ぼんやりと闇の中の花を見つめる。
肩に寄りかかるような重みを感じ、女の白い手が私の頬に手をかけようとしたその瞬間。
思いがけず、梅雨時の厚みのある雲が途切れて、月の光がその大きなくちなしの木を照らした。
闇の中では白く見えた大輪の花々は、月光のもと、黄ばんで端はよじれ、盛りを過ぎた醜態を晒していた。甘いと感じていた香りの中に、土の上に落ちて腐った果物が放つ腐臭が混じったように感じた。
顔を近づけてきた女の口から漏れた甘い吐息の中にも、饐えた腐臭を感じ、不意に吐き気に襲われ、逃げるように女の家から逃げ出した。 cialis forum iskustva

くちなしの家から逃げるように帰ってきた自宅のマンションの前で、はぁっと吐息を漏らして空を見上げた。清潔さと冷たさを感じさせる青白い外壁が月の光を弾いている。
その上階にある、妻がいつもミニマムに整えていてくれる我が家の窓に灯る明かりにほっとする。 cialis cost walgreens

「ただいま。」
小さなうしろめたさを感じて、妙に明るい声で帰宅の挨拶をしながら、白い扉を開けた。
白い鏡面仕上げの棚に、クリアなガラスの一輪挿しにくちなしの花が一輪。 where to get viagra in houston

ついぞ花など飾ったことのない妻が、何を想ってこの花を置いたのか・・・

鼻腔の奥にあの濃厚な香りが満ちてきて、激しく咳き込む私を、奥から出てきた妻が冷たく見つめている。 generique du viagra pfizer

cialis 5 mg ou 20mg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

recreational use of viagra on the increase

CAPTCHA


viagra nausea

can u take 2 viagra pills
achat viagra en ligne belgique
cialis daily dose fda