フッフッと息があがる。
見上げると、繊細な切り絵のような冬の梢の向こうに山頂が見えた。
「あと少し・・・」
自分に言い聞かせるように、つぶやきながら、ジグザグに上がる山道の角を曲がる。

地元の、登山というよりハイキングと言ったほうがよいくらいの低山。
標高500mにも満たないが、それでも、山頂の360度邪魔するもののない見晴らしの良さは十分な満足感を与えてくれる。

東に恵那山、西に伊吹山。
北には能郷白山、御岳、南アルプスの山々が並び、運が良ければ槍ヶ岳の尖った先端も見える。
南には犬山城、小牧城の先に名古屋のタワーズ、名古屋港の海に浮かぶタンカーも微かに見える。

休日に独りこの山を歩く時、日頃の運動不足にキレの悪いカラダの束縛を感じつつ、ココロは、山と自分の境界線が溶けていって、うんと遠いところまで拡散し、開放されていくのを感じている。

それにしても、今日は誰にも会わないな。
山頂の見晴らしの良さや、東西にいくつもの低山が連なりちょっとした縦走コースにもなることから、いつもなら小学生から昔取った杵柄のご老体まで、意外と多くの人に会うのだが。
今日は麓の神社の参拝客以外、まだ人影を見ていない。

足元で落ち葉がカサリカサリと小さく鳴り、乾いた土の香りがする。
どこかでフィー・・・フィー・・・と寂しい鳥が鳴いている。
乾いた土に落ちる冬の影は薄い。

歩きはじめには、独りの胸の中に色々な想念が駆け巡るが、山頂手前の急坂に差し掛かる頃には、からっぽになったこころに音と色と風が流れていく。

不意に陽が陰り、音も色も風もサッとスモークグレーの半透明な影に覆われ消える。

「宇宙にひとり」

影の中に、脈絡もなく、言葉が立ち現れる。

いつか、友と独りを楽しむことについて話していた時だった。
「孤独であること」も楽しいのだということを理解してくれる人がなかなかいないのだと愚痴ったら、友がポツリと、そしてキッパリと言った。

「宇宙にひとり」

真に孤独を愛せる人がいるが目の前にいる。
自分が自分であることを、他人ヒト他人ヒトであることを、尊重できる人。

山道はさらに急になり、大きな岩の段差をぐいっと登る。
宇宙が近づく。
さぁ、この茂みを抜けたら山頂だ。

頂に出たその時、陽が雲を抜け、光に目が眩んだ。
いま、私は宇宙にひとり、在る。
高く青い空が、その孤独を証明してくれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA